あえて低階層に住んでみよう

高層マンションというと、高層階に住まなければ意味がない、というような固定観念に囚われていませんか?確かにその方が楽しめる物が多い、というのは事実ではありますが、必ずしも高層階でなくとも十分高層マンションの魅力を堪能することは出来ます。それはここまでで紹介してきたような共用スペースの存在からも分かるでしょう。では、進んで低層階を選ぶことにどのような意味があるのでしょうか。ここでは「あえて低層階を選ぶ」ということに主眼をおいて高層マンションを紐解いてみましょう。

低層階であることのメリットとして、まずは「価格の安さ」を挙げることが出来ます。前述した通り、高層マンションは高層でなければ意味がない、と考えている人が多いのがポイントです。これによって、需要が高層階に集まるために、相対的に低層階は価格が安くなります。こうすることによって、価値と需要にバランスを持たせているわけです。そのため、予算的な問題がある人は高層マンションの低層階を狙ってみるのも1つの方法となるでしょう。

さらに、移動に便利である、というのも低層階を選ぶメリットです。一階部分には住居がない場合が多いですが、低層階であればいざとなれば非常階段で下りることも不可能ではありません。高層階となるとエレベーターがなければ移動が出来ず、その辺のユーザビリティによっては移動に長い時間がかかってしまう可能性があります。低層階ならばこういった悩みから解放されるでしょう。

▲ページトップへ